フードシェアとは?美味しい余りものを安く買える!?

フードシェアとは?美味しい余りものを安く買える!?

こんにちは!やわらか先生(@it_drone)です!

今日はフードシェアサイトが社会的に素晴らしく、自分も是非利用してみたいサービスだったので紹介しようと思います!

食品の廃棄量の統計

まずはこの資料をみてください。

上の図の環境省の推計では、食べられるのに捨てられる食品は国内で年646万トン(2015年度)に達しています。
これは一年あたりの廃棄量なので365で割った後に、日本人の人口である1億2700万で割ると、国民1人あたり1日茶わん1杯弱分(約140グラム)で数年間変わっていませんでした。

自分は小学校の給食も一回も残したことがない程、好き嫌いもないし、残したりもすることが無いのですが、自分の家族や友達は残してる人が多い印象は受けます。

しかし、食品は捨てられている中、天候不良や、石油価格の高騰に伴う輸送費の増大による野菜の高騰を始めとして食品価格の高騰が問題視されています。

フードシェアとは?

そこで、捨てられる食品や生活雑貨を減らそうと、外食店やメーカーと消費者をインターネットでつなぐ動きが広がり始めています。売れ残りそうなメニューや廃棄していた試作品を店がサイトに掲載、予約して割安に買える仕組みは「フードシェア」とも呼ばれる。食べられるのに捨てられる食品は国内で600万トン強もあるため、「もったいない」ことを嫌う若者や、食費は抑えたい働き盛りが支持しています。

次の記事ではフードシェアのITサービスをまとめようと思います^^

ではでは!